コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西法 さいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西法 さいほう

1054-1126 平安時代後期の僧。
天喜(てんぎ)2年生まれ。天台宗。はじめ武士。壮年になって出家し,比叡(ひえい)山にはいる。のち各地を説法してあるき,堂塔修造,貧者病人救済などにつくした。大治(だいじ)元年9月23日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西法の関連キーワード岩手県二戸郡一戸町西法寺大分県竹田市久住町白丹渋川 忠二郎野田 文一郎武田 貞之助菅沼 豊次郎箕作 麟祥板野 友造武田貞之助渋川忠二郎石井 辰子砂川 雄峻若山 甲蔵広瀬 徳蔵武内 作平坂本 金弥柿崎 欽吾津原 武石井辰子烏丸光広

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西法の関連情報