コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西法 さいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西法 さいほう

1054-1126 平安時代後期の僧。
天喜(てんぎ)2年生まれ。天台宗。はじめ武士。壮年になって出家し,比叡(ひえい)山にはいる。のち各地を説法してあるき,堂塔の修造,貧者や病人の救済などにつくした。大治(だいじ)元年9月23日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西法の関連キーワードかに星雲ヘルマン[ライヘナウ]ガルシア4世エキュメニズムダイコベト大治アルフォンソ7世(皇帝)ウラッカダーマット・マクマロー上西門院

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西法の関連情報