コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋文学 せいようぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西洋文学
せいようぶんがく

いわゆる「西洋」において行われている文学をいう。その特徴は古代,中世から現代への持続的な発展とそこに時代による鋭い分節がみられることである。西洋の近代文学は他のほとんどの文学に影響を与えたが,その逆はきわめてまれであった。西洋の文化は,古代ギリシアの人間中心主義とユダヤ・キリスト教の一神論の2つを基軸として展開したが,西洋文学においても同じことがいえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

西洋文学の関連キーワードジャン・ジャック オリガス井上勤(いのうえつとむ)イーラジ・ミールザーイーラジ・ミールザーキッサン・サーペーアカネ(トンボ)パラティン詞華集ヤフヤー・ケマルD. サベージキリスト教文学テオクリトスペネロペイアギリシア文学しがらみ草紙イマジズム植村 正久ビルマ文学シナーシー伊曾保物語比較文学

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西洋文学の関連情報