コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋松虫草 セイヨウマツムシソウ

デジタル大辞泉の解説

せいよう‐まつむしそう〔セイヤウまつむしサウ〕【西洋松虫草】

マツムシソウ科の一年草。高さ40~60センチ。葉は羽状に裂けている。夏、藤色・紫紅色・桃色・白色などの花を球状に開く。ヨーロッパの原産で、観賞用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいようまつむしそう【西洋松虫草】

マツムシソウ科の一年草。南ヨーロッパ原産。観賞用に栽培。葉は羽裂。夏、高さ約60センチメートルの茎の先に香りの良い半球形の頭状花をつける。花色は淡紫・濃紫・桃・白など。ピンクッション-フラワー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

西洋松虫草 (セイヨウマツムシソウ)

植物。スカビオーサの和名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

西洋松虫草の関連キーワードマツムシソウ科頭状花植物淡紫濃紫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android