西洋松虫草(読み)セイヨウマツムシソウ

デジタル大辞泉の解説

せいよう‐まつむしそう〔セイヤウまつむしサウ〕【西洋松虫草】

マツムシソウ科の一年草。高さ40~60センチ。葉は羽状に裂けている。夏、藤色・紫紅色・桃色・白色などの花を球状に開く。ヨーロッパの原産で、観賞用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいようまつむしそう【西洋松虫草】

マツムシソウ科の一年草。南ヨーロッパ原産。観賞用に栽培。葉は羽裂。夏、高さ約60センチメートルの茎の先に香りの良い半球形の頭状花をつける。花色は淡紫・濃紫・桃・白など。ピンクッションフラワー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

西洋松虫草 (セイヨウマツムシソウ)

植物。スカビオーサの和名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいよう‐まつむしそう セイヤウまつむしサウ【西洋松虫草】

〘名〙 マツムシソウ科の一、二年草。南ヨーロッパ原産で、明治一二年(一八七九)に渡来し観賞用に栽培される。茎は高さ六〇センチメートルぐらい。葉は羽状に深裂。六~一〇月、長い柄のある球形の頭状花を開く。花はビロード状暗紫色で、麝香(じゃこう)に似た芳香がある。スノーボールなど多数の園芸品種がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android