西洋柊(読み)セイヨウヒイラギ

  • せいようひいらぎ セイヤウひひらぎ
  • 西洋柊 (セイヨウヒイラギ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 モチノキ科の常緑高木。ヨーロッパ原産で、観賞用に栽植される。高さ四メートルに達するものもある。葉は短柄をもち革質。革質の葉身は長さ約六センチメートルの卵形、縁にヒイラギに似たとげ状の歯牙(しが)がある。夏、前年の枝の葉腋に芳香がある小さな白い四弁花をつけ、のち球状の果実を結び紅色に熟す。ひいらぎもち。
※欧米曼陀羅雑記へへののもへじ(1928)〈石川光春〉五七「西洋ヒヒラギ、フユヅタ、イヌツゲの類」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android