要役地(読み)ようえきち

精選版 日本国語大辞典の解説

ようえき‐ち エウエキ‥【要役地】

〘名〙 地役権が設定された場合に、権利をもつ側となって承役地から一定の利益を受ける土地。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)五条「地役か訴訟物なるときは要役地の地役により得る所の価額に依る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の要役地の言及

【地役権】より

…たとえば,公道から自分の土地に出入りするために他人の土地を通行したり,他人の土地に湧く水を自分の土地に引くなどの形で,特定の土地(要役地)の便益のために他人の土地(承役地)を利用する物権をいう(民法280~294条)。地役権は要役地にとっては利用度の拡大を,承役地にとっては負担を意味する。…

※「要役地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる