コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地役権 ちえきけん Grunddienstbarkeit

6件 の用語解説(地役権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地役権
ちえきけん
Grunddienstbarkeit

自己の土地 (要役地) 利用の便益のため他人の土地 (承役地) を利用する用益物権 (民法 280) 。要役地と切り離しては存在しえない点が他の用益物権と異なる。地役権の内容は,承役地の積極的利用,たとえば要役地利用のための承役地の通行 (通行地役権) ,用水路の設置 (引水地役権) などに限られず,承役地所有者の不作為義務負担,たとえば要役地の観望や日照確保のための承役地での工作物設置制限 (観望,日照地役権) などでもよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちえき‐けん【地役権】

ある土地の便益のために、他人の土地を利用する物権。契約によって設定される。他人の土地を通行したり、そこから引水したりする権利など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地役権【ちえきけん】

他人の土地(承役地)を通行とか引水などのために自己の土地(要役地)の便宜に供し得る物権(民法280条以下)。要役地の所有権等と分離して存在できない。設定契約で取得されるが,通行地役権など継続的でかつ外部から認めることのできるものは時効による取得(取得時効)も認められる。
→関連項目入会用益物権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちえきけん【地役権】

たとえば,公道から自分の土地に出入りするために他人の土地を通行したり,他人の土地に湧く水を自分の土地に引くなどの形で,特定の土地(要役地)の便益のために他人の土地(承役地)を利用する物権をいう(民法280~294条)。地役権は要役地にとっては利用度の拡大を,承役地にとっては負担を意味する。地役権は,要役地と承役地の両所有者(または地上権者等)間の契約によって生じる。通行や引水は,他人の土地の賃貸借使用貸借のような債権契約によっても可能となるが,地役権は物権であるので,登記することによって,承役地譲受人に対抗しうるなど強い効力をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちえきけん【地役権】

他人の土地を自分の土地の便益のために利用する権利。物権の一つで、契約により設定。他人の土地を通行する権利など。地役。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地役権
ちえきけん

ある土地の利用のために他の土地を一定の方法で支配する用益物権(民法280条以下)。たとえば、甲地(要役地)を利用するために、乙地(承役地)を通行したり、乙地から水を引いたり、あるいは乙地に高い建築物を建てさせなかったりする権利である。地役権は契約(設定行為)によって設定されるのが原則であるが、通行地役権のように権利内容の実現が継続的で、かつ外部から認めることのできる地役権は時効による取得が可能であり(民法283条)、実際にそのようにして取得されることも多い。地役権者は地役権設定の登記をすれば、承役地の所有者がかわっても、地役権を主張できる。他人の土地の利用は、その土地を借りることによっても可能であるが、この方法によれば、他人の土地を通行したり、そこから水を引いたりする目的だけで他人の土地の一部を利用したいときであっても、その土地全部を借りなければならない。これに対して、地役権を設定する方法によれば、必要な限度において他人の土地を利用することができる。この点にその独特な作用がある。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地役権の関連キーワード勝手口国入り地場他国譬え話出入り口出入り子御出入りたとえば、愛たとえば風が

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地役権の関連情報