コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見逸れる ミソレル

デジタル大辞泉の解説

み‐そ・れる【見逸れる】

[動ラ下一][文]みそ・る[ラ下二]見てそれと気がつかないでいる。また、見当違いな見方をする。→御(お)見逸れ
「人ヲ―・レル」〈和英語林集成

み‐はぐ・れる【見逸れる】

[動ラ下一][文]みはぐ・る[ラ下二]見失う。また、見そこなう。
「愛する者の心を―・れる」〈里見弴多情仏心

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みそれる【見逸れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 みそ・る
うっかりして見おとす。見ていながらそれと気がつかない。 「誰とても-・れぬ物や花の顔/毛吹草」
評価などをあやまって相手を低く見る。 〔現代語では多く「おみそれしました」の形で用いる〕

みはぐれる【見逸れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 みはぐ・る
見る機会を失う。 「ロード-ショーを-・れる」
見失う。 「 - ・れまいぞよ。合点だ/長唄・供奴」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見逸れるの関連キーワード毛吹草ロード現代語供奴みそ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android