コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視位置 シイチ

3件 の用語解説(視位置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐いち〔‐ヰチ〕【視位置】

天体の、天球上における見かけの位置。観測者と天体とを結ぶ直線が天球と交わる点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しいち【視位置】

天球上における天体の見かけの位置。地球の中心から見たある時刻の天体の幾何学的位置に年周光行差などの補正をしたもの。天体暦に記載。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視位置
しいち

天文学の用語。もっとも広い意味は、天球上における天体の位置のことをいう。俗にいう「見かけの位置」である。一方もっとも専門的には、次にいう天体の位置のことをいう。すなわち、地球から見て、その見ている瞬間における天の赤道および春分点を基準とし(つまり、歳差・章動を受けた赤道または黄道座標)、恒星ならば年周視差年周光行差を受けた位置、太陽系天体ならば惑星光行差を受けた位置をいう。なお、地球中心から見た視位置を地心位置、観測者(普通は地球表面にいる)から見たのを測心位置とよぶ。[大脇直明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

視位置の関連キーワード軌道論球面天文学実地天文学天球離角天球座標距離指数(天文学)サムナー線ターナーの推定法基本星表

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone