視位置(読み)シイチ

大辞林 第三版の解説

しいち【視位置】

天球上における天体の見かけの位置。地球の中心から見たある時刻の天体の幾何学的位置に年周光行差などの補正をしたもの。天体暦に記載。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視位置
しいち

天文学の用語。もっとも広い意味は、天球上における天体の位置のことをいう。俗にいう「見かけの位置」である。一方もっとも専門的には、次にいう天体の位置のことをいう。すなわち、地球から見て、その見ている瞬間における天の赤道および春分点を基準とし(つまり、歳差・章動を受けた赤道または黄道座標)、恒星ならば年周視差年周光行差を受けた位置、太陽系天体ならば惑星光行差を受けた位置をいう。なお、地球中心から見た視位置を地心位置、観測者(普通は地球表面にいる)から見たのを測心位置とよぶ。[大脇直明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例