覚任(読み)かくにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚任 かくにん

1088-1152 平安時代後期の僧。
寛治(かんじ)2年生まれ。持明院家行(一説には徳大寺実能)の子。真言宗仁和寺(にんなじ)大教院で覚意にまなび,同寺成就院の寛助から灌頂(かんじょう)をうける。般若寺別当をへて久安6年(1150)東寺三長者となった。少僧都。仁平(にんびょう)2年3月1日死去。65歳。通称は般若寺僧都,式部阿闍梨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android