覚任(読み)かくにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「覚任」の解説

覚任 かくにん

1088-1152 平安時代後期の
寛治(かんじ)2年生まれ。持明院家行(一説には徳大寺実能)の子。真言宗仁和寺(にんなじ)大教院で覚意にまなび,同寺成就院の助から灌頂(かんじょう)をうける。般若寺別当をへて久安6年(1150)東寺三長者となった。少僧都仁平(にんびょう)2年3月1日死去。65歳。通称は般若寺僧都,式部阿闍梨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android