帥記(読み)そちき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帥記
そちき

経信卿記』『都記』などともいう。平安時代,大宰権帥源経信の日記。現在,康平8 (1065) ~寛治2 (88) 年の記事が伝存しているが,途中欠脱が多い。院政初期の重要史料。なかでも宋商の来航,高麗王文宗が病気にかかり日本に医師派遣を要請してきたことに対する朝議についての記述は注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そちき【帥記】

大納言兼大宰権帥源経信の日記。記名は〈大宰権帥〉にもとづくが,〈帥〉の唐名〈都督〉によって《都記》ともいい,また《経信卿記》と称する。記事は1065年(治暦1)より88年(寛治2)までを存するが,中間の欠逸が多い。左大臣源俊房の《水左記》と時代的に並行し,両者の記事を比較検討して得るところが多い。藤原宗忠の日記《中右記》によれば,経信は和漢の学を兼ね,詩歌の道に長じ,また管絃の芸,法令のことを極めた優れた人材であったと評されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そちき【帥記】

大宰権帥源経信の日記。1065年から88年までが現存する。院政初期の情勢を伝える貴重な史料。そつき。都記。経信卿記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android