コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚助法親王 かくじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚助法親王 かくじょほうしんのう

1247-1336 鎌倉時代,後嵯峨天皇の第10皇子。
宝治(ほうじ)元年生まれ。静忠(じょうちゅう)に師事して京都聖護院にはいる。正元(しょうげん)元年出家し,弘長2年親王となり翌年門跡をつぐ。2度にわたる園城寺(おんじょうじ)長吏や四天王寺別当をつとめた。建武(けんむ)3=延元元年9月17日死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚助法親王の関連キーワード聖護院宮覚助法親王刑部卿局(1)増基(2)順助法親王後嵯峨天皇鎌倉時代宝治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android