コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚巌玄了 かくがん げんりょう

1件 の用語解説(覚巌玄了の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚巌玄了 かくがん-げんりょう

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越中(富山県)立山(りゅうせん)寺の開山大徹宗令(1333-1408)に師事してその法をつぐ。能登(のと)(石川県)の総持寺,立山寺などの住持をへて,法城寺の開山となった。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚巌玄了の関連キーワード曹洞一渓宗統鑑窓永鑑奇叟異珍桂林祖香月田宗種直翁宗廉大成宗林大弁了訥噩叟宗俊

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone