コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚醒剤取締法 かくせいざいとりしまりほう

百科事典マイペディアの解説

覚醒剤取締法【かくせいざいとりしまりほう】

覚醒剤の乱用による保健衛生上の危害の防止を目的とした法律(1951年)。覚醒剤の施用を医療と学術研究のために限定し,覚醒剤および覚醒剤原料の輸出入,製造,譲渡,譲受け,所持,使用等を規制。
→関連項目ヒロポンヒロポン中毒

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

覚醒剤取締法の関連キーワード阿片煙吸食及び場所提供罪On Your Mark堀越学園と創造学園大学塩酸メタンフェタミンメタンフェタミン学校法人堀越学園向精神薬条約違法ドラッグ尾崎 豊

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚醒剤取締法の関連情報