コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚鎮女王 かくちんじょおう

1件 の用語解説(覚鎮女王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚鎮女王 かくちんじょおう

1487*-1550 戦国時代,後柏原天皇の第1皇女。
文明18年12月27日生まれ。明応元年京都の大聖寺にはいり,大聖寺宮と称される。9年剃髪して尼僧となった。天文(てんぶん)19年9月26日死去。65歳。号は古鑑。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚鎮女王の関連キーワード伏見宮貞敦親王冷泉政為仁和寺宮覚道法親王尊鎮流文亀明応覚音女王恒直親王馬島重常源朝子