覚鎮女王(読み)かくちんじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚鎮女王 かくちんじょおう

1487*-1550 戦国時代,後柏原天皇の第1皇女。
文明18年12月27日生まれ。明応元年京都の大聖寺にはいり,大聖寺宮と称される。9年剃髪して尼僧となった。天文(てんぶん)19年9月26日死去。65歳。号は古鑑。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

覚鎮女王 (かくちんじょおう)

生年月日:1486年12月27日
戦国時代の女性。後柏原天皇の第1皇女
1550年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android