コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角征伐 ろっかくせいばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六角征伐
ろっかくせいばつ

室町時代,将軍足利義尚,義稙 (よしたね) 2代にわたる近江国守護六角高頼征討。応仁の乱が地方化するにつれ,高頼は寺社公家領,将軍近臣領を押領し,幕命に従わなかった。9代将軍義尚は幕府の威勢回復のため,長享1 (1487) 年9月みずから近江国に出陣,高頼は甲賀に敗走した。陣中で義尚が没すると高頼は許されたが,再び幕命に服さなかったため,新将軍義稙は延徳3 (91) 年討伐を再開し,翌年9月赤松政則らによって平定された。近江国は六角政高と京極高清に与えられた。 (→六角氏 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

六角征伐【ろっかくせいばつ】

室町幕府将軍の足利義尚(よしひさ)と足利義材(よしき)(義稙(よしたね))が行った近江国守護の六角高頼(たかより)に対する討伐戦。〈長享・延徳(ちょうきょう・えんとく)の乱〉ともいう。応仁(おうにん)・文明の乱後,六角氏とその被官(ひかん)による荘園の押領(おうりょう)がはなはだしかったため,幕府がその回復を図るための出兵であった。1487年(長享1年)将軍義尚は高頼討伐を決定,前管領(かんれい)細川政元(まさもと)らを近江へ出陣させた。高頼らはその居城観音寺城(現滋賀県近江八幡市・東近江市)を出て,甲賀郡の山間部に入ってゲリラ戦を展開。義尚みずからも近江の鈎(まがり)の陣(現滋賀県栗東市)へ出陣したが,戦線は膠着(こうちゃく)状態となり,1489年(延徳1年)酒食に溺れた義尚が陣中で病没したため,高頼は赦免(しゃめん)された。義尚の跡を継いだ新将軍義材は,1491年(延徳3年)再び高頼追討の兵を挙げた。しかし高頼は甲賀郡から伊勢国へ逃れ,幕府軍は近江国から撤兵。この2度の失敗により,幕府の権威は大きく失墜した。→足利義稙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかくせいばつ【六角征伐】

室町幕府9代将軍足利義尚の1487‐89年(長享1‐延徳1)と,10代将軍足利義材(義稙)の1491‐92年(延徳3‐明応1)の2度にわたって行われた,近江守護六角(佐々木)高頼を討伐し,押領された荘園を回復するための出兵。 応仁の乱後,諸国で守護大名とその被官による公家や寺社領の押領がひんぱんになり,近江でも守護六角高頼とその被官による荘園の押領がはなはだしかった。ことに近江は幕府近習・奉公衆の所領や,山門・五山禅院などの荘園が多かったため,幕府の威信をかけてその回復がはかられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

六角征伐の関連キーワード応仁・文明の乱結城尚豊

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android