コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親快 しんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

親快 しんかい

1215-1276 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)3年生まれ。源雅親(まさちか)の子。真言宗。醍醐寺(だいごじ)遍智院の兄道教に師事し,深賢(じんけん),憲深(けんじん)から灌頂(かんじょう)をうける。同寺覚洞院,地蔵院院主をつとめる。定済(じょうぜい)の醍醐寺座主(ざす)就任を不満として太秦(うずまさ)の桂宮院にうつった。建治(けんじ)2年5月26日死去。62歳。通称は大納言法印,覚洞院法印。著作に「幸心鈔」「土巨抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

親快の関連キーワード澄禅(1)鎌倉時代親玄実勝建保

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android