コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親快 しんかい

1件 の用語解説(親快の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

親快 しんかい

1215-1276 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)3年生まれ。源雅親(まさちか)の子。真言宗醍醐寺(だいごじ)遍智院の兄道教に師事し,深賢(じんけん),憲深(けんじん)から灌頂(かんじょう)をうける。同寺覚洞院,地蔵院の院主をつとめる。定済(じょうぜい)の醍醐寺座主(ざす)就任を不満として太秦(うずまさ)の桂宮院にうつった。建治(けんじ)2年5月26日死去。62歳。通称は大納言法印,覚洞院法印。著作に「幸心鈔」「土巨抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

親快の関連キーワード世尊寺経朝慶幸寛舜北畠雅家武石胤盛道乗(2)南部光行藤原実時藤原親実(1)良海(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone