コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深賢 じんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深賢 じんけん

?-1261 鎌倉時代の僧。
真言宗。醍醐寺(だいごじ)遍智院の成賢(せいげん),ついで金剛王院の賢海より灌頂(かんじょう)をうける。同学道教の遺言により,暦仁(りゃくにん)2年(1239)親快に灌頂をさずける。のち醍醐寺内に地蔵院を創建し,開祖となった。弘長(こうちょう)元年9月14日死去。字(あざな)は浄林(静林,乗琳)。通称は按察(あぜち)法印,地蔵院法印。著作に「秘蔵記口決」「普賢延命記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深賢の関連キーワード鎌倉時代真言宗

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android