親情(読み)しんじょう

精選版 日本国語大辞典「親情」の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【親情】

〘名〙 しみをもって接しようとする気持。懐しく思う気持。
※本朝麗藻(1010か)下・和戸部尚書同賦寒林暮鳥帰〈具平親王〉「元白親情牋上出。楊班古意筆頭残」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五一「の親情(シンジャウ)謝するに辞(ことば)なし」 〔白居易‐新楽府・井底引銀瓶〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android