親昵(読み)シンジツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐じつ〔‐ヂツ〕【親×昵】

[名](スル)親しみなじむこと。昵懇(じっこん)。「親昵の間柄」
「允成(ただしげ)は寧親(やすちか)にも―して、殆ど兄弟(けいてい)の如く遇せられた」〈鴎外渋江抽斎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじつ【親昵】

( 名 ) スル
したしみなじむこと。昵懇じつこん。 「 -の間柄」 「自己の-せる人の高位に登るに服せずして/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android