昵懇(読み)じっこん

精選版 日本国語大辞典「昵懇」の解説

じっ‐こん ヂッ‥【昵懇】

〘名〙 (形動) 親しく交わること。心やすいこと。また、そのさま。親密入魂(じゅこん)
歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)二幕「親分懇にさっしゃるこの浜の御領主」
[語誌]「入魂(じゅこん)」が転じて「じっこん」となり、そこから「昵懇」ができたとする考えがある。意味からは「入魂(じゅこん)」と関係づけられるが、表記からは、「昵近(じっきん)」と関連づけることも考えられる。「昵近」と「入魂」とが交してできた語か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昵懇」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android