親近(読み)しんきん

精選版 日本国語大辞典「親近」の解説

しん‐きん【親近】

〘名〙
① (━する) 親しみの気持をもって近づくこと。
※古事談(1212‐15頃)三「此児幼稚にて付師匠在南京。母堂無隙之間、不」 〔史記‐鄒陽伝〕
② (━する) 貴人の側近く仕えること。
※両足院本山谷抄(1500頃)九「天子にまぢかう親近したは」
③ (形動) 親しみがあり身近なこと。また、そのさま。
※商品としての文学(1931)〈杉山平助〉「詩人もまた自分自身あるひはごく親近な人々の衝動を代表して詩を製作したので」
④ 親しい人。みより。えんじゃ。〔戦国策‐秦策・孝公〕

しん‐ごん【親近】

〘名〙 (「ごん」は「近」の呉音) 近づき親しむこと。親しく交わること。
※顕戒論(820)中「経文不別小因及小果、已制余経。明知因、制親近
今昔(1120頃か)三「此の女を(きた)なみ蔑(あなづり)て自然(おのづか)ら道に会ふ時も唾を吐き鼻を塞ぎ更に不親近(しんごんせ)ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親近」の解説

しん‐きん【親近】

[名・形動](スル)
親しくすること。親しく近づくこと。
近い関係にあること。身内であること。また、そのさま。「親近者」
「自分が最も―な…家族を愛するように」〈倉田愛と認識との出発
側近くに仕える人。側近。「総裁の親近
[類語]近い緊密接近密接近接不可分濃い切っても切れない水いらず親しい近しい心安い人なつこい取っ付きやすい気安いむつまじい親密懇意昵懇じっこん懇親別懇ねんご親愛和気藹藹仲良し・仲が良い・気が置けない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「親近」の解説

【親近】しんきん

親密にする。〔史記、恬伝〕始皇甚だ氏をし、信任して之れを賢とす。而してを親して、、上に至る。

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android