覬覦(読み)キユ

デジタル大辞泉の解説

き‐ゆ【××覦】

[名](スル)身分不相応なことをうかがい望むこと。
「鴃舌(げきぜつ)の蛮夷(ばんい)神州を―しに来たかと疑猜(うたが)い憤りて」〈露伴・寝耳鉄砲〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゆ【覬覦】

( 名 ) スル
身分不相応なことをうかがいねらうこと。 「非望を-するの患/三酔人経綸問答 兆民

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android