コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世十郎 かんぜ じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世十郎 かんぜ-じゅうろう

?-? 戦国-織豊時代の能役者。
観世元広の長男。天文(てんぶん)18年(1549)ごろ越智(おち)観世を復興したとされる。病弱のため駿河(するが)(静岡県)にうつり,駿河十郎大夫とも称した。徳川家康能楽指南役としてつかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世十郎の関連キーワード隅田川・墨田川・角田川観世元雅織豊時代隅田川能役者弱法師歌占盛久

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android