コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世清和 かんぜ きよかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世清和 かんぜ-きよかず

1959- 昭和後期-平成時代の能楽師シテ方。
昭和34年5月21日生まれ。観世元正の長男。観世流。昭和39年「鞍馬天狗」花見で初舞台。平成2年26代家元を継承。8年「松浦佐用姫」「鵜羽」の演技で芸術選奨文部大臣新人賞。11年フランス芸術文化勲章シュバリエを受章。フランス,中国,タイ,アメリカ,ドイツなど海外でも活躍。25年能「定家」他で芸術選奨文部科学大臣賞。日本能楽会常務理事。東京都出身。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世清和の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

観世清和の関連情報