コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世元正 かんぜ もとまさ

1件 の用語解説(観世元正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元正 かんぜ-もとまさ

1930-1990 昭和時代の能楽師シテ方。
昭和5年7月25日生まれ。昭和11年宗家24代観世左近の養子となる。14年養父の急逝で宗家25代をつぎ,観世華雪に師事。戦後,明治以来の観世・梅若家の争いを解決。流内の統一,能の大衆化に力をいれ,47年観世能楽堂を新築した。63年家名左近を襲名。平成2年8月26日死去。60歳。東京出身。旧姓は藤田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の観世元正の言及

【観世流】より

…現在も〈梅若派〉と呼ばれ,独自の謡本も発行している。25世観世元正(1930‐90)は,22世清孝の次男次郎の孫で,幼時,24世左近の養嗣子となり25世を継いだ。 観世流の名家には,観世銕之丞家と梅若六郎家,銕之丞家の分家の観世喜之(よしゆき)家,六郎家の分家の梅若万三郎家があり,そのほか東京には橋岡,京都には京観世の流れをくむ井上・林,24世左近の生家の片山家,大阪には山階・大西・生一(きいち)家などがある。…

【橋岡久太郎】より

…難声の謡(うたい)ながら独特の研究心と精進により深い芸境を有し,2世梅若実観世華雪とならんで観世流を代表する名人と称揚された。24世宗家観世左近没後,幼少の25世観世元正(もとまさ)を補佐して一時芸事顧問を務めたこともあり,48年以後,3期にわたり能楽協会理事長の任にあった。63年日本芸術院会員となる。…

※「観世元正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

観世元正の関連キーワード関根祥六能楽師粟谷益二郎片山九郎右衛門(9代)金井章杉市太郎多久島利吉宝生九郎(2)本田秀男山階敬子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観世元正の関連情報