コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観念劇 かんねんげきtheatre of ideas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観念劇
かんねんげき
theatre of ideas

劇の発展が感情に訴えるおもしろさではなく,ある理念を追究しようとする劇。テーマ現代社会に関連するものが多い。それぞれ対立する意見を登場人物が主張し議論しあうなど,さまざまな形態がみられるが,提起された主題や問題の解決ではなく,論争や思考の過程そのものに意味がある。したがって観念劇は,三一致の法則はもとより,たとえば G.フライタークの唱えた戯曲構成5段階,すなわち発端,上昇,クライマックス,反転,終局 (カタストロフ大団円) などの,劇作上の約束事や規則にとらわれない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観念劇の関連情報