観測機(読み)かんそくき(英語表記)observation airplane

世界大百科事典 第2版の解説

かんそくき【観測機 observation airplane】

戦場の偵察監視砲撃などの効果の確認,空中からの作戦の指揮統制などの任務を行う軍用航空機で,比較的小型の飛行機(グラマンOV1など)またはヘリコプター(ヒューズOH6など)が使用され,通常,偵察機が担当するよりも狭い範囲の戦場において使用される。なお暴動鎮圧用に武装を施した観測機(ロックウェルOV10など)もある。空中からの観測の有効性に最初に着目したのは,フランス共和国軍で,1793年に係留気球を装備した観測部隊を編成し,94年のモーブージュの戦で使用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観測機の関連情報