コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音(かんおん)ねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

観音(かんおん)ねぎ

広島県広島市西区観音地区で生産されるネギ。葉ねぎと白ねぎの中間種で、非常にやわらかく風味豊か。明治初期に京都から「九条ねぎ」の種子を持ち帰り、観音地区で品種改良を重ねたもの。白根の部分をわらで束ねて出荷される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

観音ねぎ[葉茎菜類]
かんのんねぎ

中国地方、広島県地域ブランド
広島市で生産されている。明治時代初期、京都から九条ねぎの種子が持ち帰られ、広島市西区観音地区で品種改良された。普通の葉ねぎより白色の部分がやや多く、独特の香りや味わいがある。特徴は、非常にやわらかいこと。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

観音(かんおん)ねぎの関連キーワード中国地方

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android