コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角倉玄寧 すみのくら げんねい

1件 の用語解説(角倉玄寧の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角倉玄寧 すみのくら-げんねい

1800-1873 江戸時代後期の武士。
寛政12年生まれ。京都の人。角倉了以の11代の孫。幕臣で,過書船(淀川水系の貨客輸送船)支配をつとめる。陶器に趣味をもち,嵯峨(さが)の別荘に窯をきずき,仁阿弥道八(2代高橋道八)らをまねいて茶器,酒器類をやかせた。作品には号の「一方堂」印をつけた。明治6年1月死去。74歳。通称は為次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

角倉玄寧の関連キーワード浅見貞忠乾在淵奥村七太夫片山辰世鈴木宗休高田亘中条良蔵湯沢寿平柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone