コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角倉玄寧 すみのくら げんねい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角倉玄寧 すみのくら-げんねい

1800-1873 江戸時代後期の武士。
寛政12年生まれ。京都の人。角倉了以の11代の孫。幕臣で,過書船(淀川水系の貨客輸送船)支配をつとめる。陶器に趣味をもち,嵯峨(さが)の別荘に窯をきずき,仁阿弥道八(2代高橋道八)らをまねいて茶器,酒器類をやかせた。作品には号の「一方堂」印をつけた。明治6年1月死去。74歳。通称は為次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

角倉玄寧の関連キーワード角倉為次郎又紗斎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android