過書船(読み)かしょぶね

  • かしょぶね〔クワシヨ〕
  • かそぶね クヮソ‥
  • 過書船/過所船

百科事典マイペディアの解説

江戸時代,淀川の定期船。過所船とも書く。普通20〜30石積みで,船腹に〈過〉の字の印を打ち,上り1日(1晩),下り半日(半夜)で京・伏見〜大坂間を上下する重要な交通機関であった。
→関連項目吹田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

近世,大坂と京・伏見の間の貨客を運んだ特権川船。過書(通行手形)を所持する船の意か。豊臣秀吉から1598年(慶長3)河村与三右衛門,木村惣右衛門が朱印状をうけ,徳川家康も1603年これを再認した。享保初年,乗客を主にした三十石船671艘,貨物運送した二十石船507艘であった。1698年(元禄11)伏見船の新設にともない打撃を被り,のち在方船の進出により両者とも衰退した。【小林

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過所船とも書く。江戸時代に淀(よど)川を運航して京都―大坂間の貨物・乗客を運んだ川船。元来、広く過書(関所手形)を所持する船の称であった。1598年(慶長3)徳川家康により過書座の制が設けられ、それまで水運に従事していた淀船と、新設の三十石船とを包括し、河原与三右衛門(かわはらよざえもん)(のち角倉与一(すみのくらよいち))と木村宗右衛門(そうえもん)の両人が過書船奉行(ぶぎょう)に任命された。
 船の数は江戸経済の発展につれて多くなり、18世紀前期には淀上荷(うわに)船の二十石船507艘(そう)、30石積み以上の船が671艘であった。この過書座支配下の船のうち、30石積み以上の船を過書船とよんだ。このうち三十石船は客船である。普通、1艘の乗客30人前後で、水夫(かこ)4人で運航し、貨物には米穀、塩、魚類、材木などがあった。所要時間は、流れをさかのぼる上り船で1日または一晩、下り船は半日または半夜で京都―大坂間を往復した。[柚木 学]
『須藤利一編著『船』(1968・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「かしょぶね(過書船)」の変化した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代,淀川を運航した貨物・乗客を運ぶ船
「過所船」とも書く。もとは広く過所を所持する船を過所船といったが,1603年に徳川家康が過書船奉行を置き,運上を課し,運賃を定めた。伏見・大坂間を上り1日または1夜,下り半日または半夜で航行した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android