角切(読み)つのきり

精選版 日本国語大辞典「角切」の解説

つの‐きり【角切】

〙 (「つのぎり」とも) 奈良の春日大社で、毎年秋の彼岸に行なった鹿の角を切り落とす行事。現在は一〇月の日曜日と祭日に行なう。鹿の角切り。《季・秋》
俳諧・奈良ふくろ角(1710)「角ぎりや礎のこす鹿の京〈鬼貫〉」

かく‐ぎり【角切】

〘名〙 物を四角に切ること。また、その物。
※浮世草子・男色大鑑(1687)八「生(なま)を角切にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android