コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角斑病 かくはんびょう

大辞林 第三版の解説

かくはんびょう【角斑病】

葉脈上に黒褐色で多角形の病斑を生じ、やがて葉が赤褐色となって落葉する植物の病気。カキ・カボチャなどに発生。角斑落葉病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角斑病
かくはんびょう

植物の病気の一種で、葉に褐色または灰色の病斑ができる。病斑(びょうはん)は葉脈に限られるため、健全部との境界が明瞭(めいりょう)で多角形である。病原菌は作物の種類によって異なるが、不完全菌による場合が多く、ケルコスポラCercospora属菌(カキ、ビワ、マサキ、ゴボウ、サツマイモなど)、セプトリアSeptoria属菌(カボチャ、ワサビ)、セレノフォマSelenophoma属菌(オオムギ、コムギ、チモシーなどのイネ科牧草類)、ファエオイザリオプシスPhaeoisariopsis属菌(アズキ、インゲンマメ、ササゲ)などがある。また特殊な例としては、プソイドモナスPseudomonas属(タバコ)やキサントモナスXanthomonas属(グラジオラスなど)の細菌による場合もある。いずれの場合も発生がひどくなり、葉に多数の病斑ができると早く落葉して被害を被る。防除には銅剤、ジネブ剤、あるいはTPN剤(「ダコニール」)などの薬剤を散布する。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

角斑病の関連キーワード赤褐色黒褐色多角形

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android