コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採種栽培 さいしゅさいばい

百科事典マイペディアの解説

採種栽培【さいしゅさいばい】

種子で繁殖する作物において,増殖用の種子を得ることを目的とした栽培をいう。遺伝形質が安定し,しかも病虫害に冒されていない種子を得る必要があるので,圃場(ほじょう)の立地条件は特に優秀でなくてはならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

採種栽培の関連キーワード角斑病(オーチャードグラス)角斑病(ベルベットグラス)がまの穂病(ブルーグラス)がまの穂病(チモシー)抽だい(抽薹)自家受精採種

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android