コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角筆 カクヒツ

デジタル大辞泉の解説

かく‐ひつ【角筆】

宮中の読書始めなどに用いる、字をさし示す棒。象牙などで筆の形に作った。また、訓点の記入にも用いられた。字さし。かくひち。

つの‐ふで【角筆】

角筆(かくひつ)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくひつ【角筆】

象牙や竹の先端を細く削った筆記用具。それで紙面を直接へこませて書いた。かくひち。つまじるし。 「 -して一首をなん書きたりける/篁物語」

つのふで【角筆】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

角筆の関連キーワード字指し・字指恩賜賞受賞者をこと点角筆文字小林芳規篁物語字指

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android