コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書始(め) ドクショハジメ

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐はじめ【読書始(め)】

皇族や貴族の子弟が、初めて孝経などの読み方を授けられる儀式。御書始め。ふみはじめ。
宮中・将軍家などの新年行事の一。その年初めて書物を読む儀式。読み始め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

読書始(め)の関連キーワード読み初め・読初め書始め・文初め東坊城秀長大江挙周御書始め巨勢文雄藤原佐世藤原敦信御書始書始め孝経角筆尚復都講

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android