読書始(め)(読み)ドクショハジメ

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐はじめ【読書始(め)】

皇族や貴族の子弟が、初めて孝経などの読み方を授けられる儀式。御書始め。ふみはじめ。
宮中・将軍家などの新年行事の一。その年初めて書物を読む儀式。読み始め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どくしょ‐はじめ【読書始】

〘名〙
禁中、将軍家、公家などで、幼少の者がはじめて読書を行なう儀式。禁中の式では、侍読(じどく)(=博士)が書を読み、尚復(しょうふく)(=都講)がこれを繰り返す。書物は「御注孝経」が多く用いられた。ふみはじめ。
※日本紀略‐長保二年(1000)一二月二日「東宮第一孫王敦明読書始、参議式部大輔菅原朝臣輔正、奉御注孝経
② 禁中、将軍家などの新年行事の一つ。その年はじめて書物を読む儀式。江戸時代、一般では「読み始め」として行なわれた。《季・新年》
※吾妻鏡‐元久元年(1204)正月一二日「将軍家御読書〈孝経〉始。相摸権守為御侍読

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android