コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書始(め) ドクショハジメ

デジタル大辞泉の解説

どくしょ‐はじめ【読書始(め)】

皇族や貴族の子弟が、初めて孝経などの読み方を授けられる儀式。御書始め。ふみはじめ。
宮中・将軍家などの新年行事の一。その年初めて書物を読む儀式。読み始め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

読書始(め)の関連キーワード読み初め・読初め書始め・文初め東坊城秀長御書始め大江挙周巨勢文雄藤原佐世藤原敦信御書始書始め孝経尚復角筆都講

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android