角胡麻(読み)ツノゴマ

  • 角×胡麻
  • 角胡麻 (ツノゴマ)

デジタル大辞泉の解説

ツノゴマ科の一年草。高さ約90センチ。全体が柔らかい毛で覆われ、葉は円状心臓形。夏、白色か紫色で黄色い斑点のある花を総状につける。果実は角状に曲がった突起が服にひっかかるところから「たびびとなかせ」の名もある。若い実をピクルスにし、また観賞用として栽培

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Proboscidea louisianica
植物。ツノゴマ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ツノゴマ科の一年草。アメリカ合衆国から西インド諸島の原産で、観賞用に栽培される。高さ六〇~九〇センチメートル。全体に粘毛を密布。茎は分枝して横に広がる。葉は長柄をもち互生し、時に対生状となる。葉身は円状心臓形で径一〇~一五センチメートル。夏、枝の先端の短い総状花に、長さ約五センチメートルの筒状花をつける。筒部は太く、先が五裂して広がり、白色、淡紅色または淡紫色で黄斑と紫斑がある。果実は長さ約一五センチメートルの長楕円形で先が角状に曲がっている。たびびとなかせ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android