角苔(読み)ツノゴケ

  • 角×苔
  • 角苔 (ツノゴケ)

デジタル大辞泉の解説

ツノゴケ科のコケ植物。道ばたなどの湿った所に群生。濃緑色の葉状体から、高さ3~4センチの円柱状の胞子体が出て、熟すと縦に裂ける。にわつのごけ。
(たい)類・蘚(せん)類と並ぶコケ植物一群葉状体で、胞子嚢(ほうしのう)は柱状

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

植物。ツノゴケ科のコケの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ツノゴケ類ツノゴケ科のコケ植物。北半球に広く分布し、人家付近や路傍の湿地に群生する。葉状体は濃緑色、扁平で薄く、不規則に深裂して縁は多少波状にうねる。各細胞に一個の大形の葉緑体をもつ。雌雄同株。造精器と造卵器はともに葉状体の組織の中にうずもれて形成される。胞子体は春から夏にかけてよく見られ、長さ三~五センチメートルの角状で直立し、熟すと先端から縦に二裂して胞子を出す。胞子は球状で細かいいぼ状の突起をもつ。にわつのごけ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android