コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角苔 ツノゴケ

デジタル大辞泉の解説

つの‐ごけ【角×苔】

ツノゴケ科のコケ植物。道ばたなどの湿った所に群生。濃緑色の葉状体から、高さ3~4センチの円柱状の胞子体が出て、熟すと縦に裂ける。にわつのごけ。
苔(たい)類・蘚(せん)類と並ぶコケ植物一群葉状体で、胞子嚢(ほうしのう)は柱状。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角苔 (ツノゴケ)

植物。ツノゴケ科のコケの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

角苔の関連キーワードウキゴケ胞子体植物群生