角貝(読み)つのがい

精選版 日本国語大辞典「角貝」の解説

つの‐がい ‥がひ【角貝】

〘名〙
① ツノガイ科の。本州中部以南の水深三〇~一〇〇メートルの細砂底にすむ。長約一〇センチメートル。細長い管状でやや湾曲し、ウシの角に似ている。表面は淡い肉白色で細いすじがある。殻は貝細工に用いる。〔物品識名拾遺(1825)〕
② ツノガイ科とクチキレツノガイに属する掘足綱貝類の総称。ツノガイ・ヤカドツノガイなど日本近海に約五〇種知られる。殻は貝細工・パイプなどに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「角貝」の解説

つの‐がい〔‐がひ〕【角貝】

ゾウゲツノガイ科の貝。貝殻は約10センチの細長い弓形の円筒形で先が細まり、角状。房総半島以南に分布、海底の砂中にすむ。
掘足綱の貝の総称。貝殻は角に似た形で両端が開いている。分類上、二枚貝巻き貝の中間に位置し、現生種はゾウゲツノガイ・クチキレツノガイの2科で、すべて海産。→掘足類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「角貝」の解説

角貝 (ツノガイ)

学名Antalis weinkauffi
動物。ゾウゲツノガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android