角貝(読み)ツノガイ

  • つのがい ‥がひ
  • つのがい〔がひ〕
  • 角貝 (ツノガイ)

デジタル大辞泉の解説

ゾウゲツノガイ科の貝。貝殻は約10センチの細長い弓形の円筒形で先が細まり、角状。房総半島以南に分布、海底の砂中にすむ。
掘足綱の貝の総称。貝殻は角に似た形で両端が開いている。分類上、二枚貝巻き貝の中間に位置し、現生種はゾウゲツノガイ・クチキレツノガイの2科で、すべて海産。→掘足類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Antalis weinkauffi
動物。ゾウゲツノガイ科の

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ツノガイ科の貝。本州中部以南の水深三〇~一〇〇メートルの細砂底にすむ。殻長約一〇センチメートル。細長い管状でやや湾曲し、ウシの角に似ている。表面は淡い肉白色で細いすじがある。殻は貝細工に用いる。〔物品識名拾遺(1825)〕
② ツノガイ科とクチキレツノガイに属する掘足綱貝類の総称。ツノガイ・ヤカドツノガイなど日本近海に約五〇種知られる。殻は貝細工・パイプなどに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角貝の関連情報