コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角貝 ツノガイ

デジタル大辞泉の解説

つの‐がい〔‐がひ〕【角貝】

ゾウゲツノガイ科の貝。貝殻は約10センチの細長い弓形の円筒形で先が細まり、角状。房総半島以南に分布、海底の砂中にすむ。
掘足綱の貝の総称。貝殻は角に似た形で両端が開いている。分類上、二枚貝巻き貝の中間に位置し、現生種はゾウゲツノガイ・クチキレツノガイの2科で、すべて海産。→掘足類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つのがい【角貝】

掘足ほりあし綱の軟体動物。貝殻は8センチメートルほどの細長い淡橙色の円筒形で、角のような形をしている。本州中部から九州までの水深30~100メートル 内外の砂泥中にすむ。
掘足綱の軟体動物の総称。長さ7~10センチメートルの獣の角形の殻をもつ。海産。雌雄異体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角貝 (ツノガイ)

学名:Antalis weinkauffi
動物。ゾウゲツノガイ科の

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

角貝の関連キーワードサンカクガイ(三角貝)ネオトリゴニアサンカクガイ旧石器時代中沢目貝塚トリゴニア領石層群芝山細工雌雄異体軟体動物ジュラ紀掘足綱釣り針直角石角形

角貝の関連情報