コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘足類 くっそくるいScaphopoda; tusk shell; tooth shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掘足類
くっそくるい
Scaphopoda; tusk shell; tooth shell

軟体動物門掘足綱のの総称。ツノガイ類ともいう。は細長い管状で,多くは背方へ弓状に湾曲し,先端へいくにつれて細くなる。殻色は多くは白色であるが,青緑,黄,赤色などのものもある。殻表は平滑または縦肋があり,肋が著しいときは,殻口は四角形八角形,歯車状になる。外套は背方から軟体を包み,腹側で融合して管状になる。触角,眼はない。外套腔には鰓がなく,体を伸縮させて水を出し入れして繊毛の生えた水肺で呼吸をするので,心臓もない。口には歯舌があり,これで有孔虫などを捕えて食べる。雌雄異体で,世界に約 500種が知られ,そのうち日本産は約 60種。古生代デボン紀に出現し,すべて海産。浅海から深海に分布するが,南・北両極海域には少い。殻は貝細工の材料となり,北アメリカ先住民族インディアンは貨幣として用いていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くっそく‐るい【掘足類】

掘足綱の軟体動物の総称。管状の貝殻の口から足を出し砂を掘って潜る。体は左右相称。口に歯舌(しぜつ)をもつが、目はなく、口の周囲から探餌(さくじ)・感覚器官の頭糸を出す。ツノガイなど日本に約90種が知られる。ほりあし類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

掘足類【ほりあしるい】

〈くっそく〉類とも。軟体動物の一綱。→ツノガイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くっそくるい【掘足類】

ほりあしるい【掘足類】

軟体動物門の一綱。細長い角笛状の殻をもち、長さ6.5~12.5センチメートル。殻口から足を出して海底を掘り、砂中に斜めに立つ。雌雄異体。ツノガイが代表。くっそく類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掘足類
くっそくるい

軟体動物門の1綱で、「ほりあしるい」とも読まれ、ツノガイ類で代表される。この綱Scaphopodaの殻は細長い管状で、殻頂のほうは細く弓状に反り、殻口のほうに太くなる角笛状。殻口からくさび形の足を出し海底を掘って潜る。頭には目も触角もないが、頭糸とよばれる摂餌(せつじ)・感覚器官があり、口には歯舌がある。えらを欠く。雌雄異体ですべて海産。日本産約90種。人間生活との関係はほとんどない。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掘足類の言及

【ツノガイ(角貝)】より

…掘足綱Scaphopodaの軟体動物の総称,またはそのうちの1種を指す。ツノガイ類(掘足類)の殻は管状で殻口のほうへ通常しだいにまっすぐに太くなる。また通常背方へ弓形に曲がるが,まっすぐな種(ハリツノガイ)もある。…

※「掘足類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掘足類の関連キーワード貝類/主要用語解説ツノガイ(角貝)単板類砂中化石貝類角貝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android