コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角野栄子 かどのえいこ

2件 の用語解説(角野栄子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

角野栄子

児童文学作家。1935年、東京都生まれ。早稲田大学卒。70年に『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)で作家デビューし、以後、児童文学や絵本を多数発表。82年、『大どろぼうブラブラ氏』で産経児童出版文化賞大賞を受賞。84年には『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)の両作品で路傍の石文学賞、85年には『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞小学館文学賞などを受賞した。『魔女の宅急便』は89年に宮崎駿監督でアニメ映画化されて大ヒットし、2014年には清水崇監督による実写映画が公開された。同年、児童文学に対する長年の功労が認められ、旭日小綬章を受章した。

(2014-5-01)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角野栄子 かどの-えいこ

1935- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和10年1月1日生まれ。結婚後ブラジルにわたり,2年間滞在。昭和57年「大どろぼうブラブラ氏」で産経児童出版文化賞大賞。60年現代っ子の魔女の成長をあかるくえがいたファンタジー「魔女の宅急便」で野間児童文芸賞,小学館文学賞などをうけた。東京出身。早大卒。本名は渡辺栄子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

角野栄子の関連キーワード森絵都あり子の記ニコルの塔走れ、セナ!雪の林加藤多一さねとう あきら那須田淳浜野卓也山下明生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角野栄子の関連情報