解散[法人](読み)かいさん[ほうじん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解散[法人]
かいさん[ほうじん]

法人がその本来的な活動を停止し,財産関係の清算残務の整理)をする状態に入ること。その場合,法人は残務整理がすむまで清算法人として存続する(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律207)。したがって解散後ただちに法人格を失うことなく,清算目的の範囲内で解散前と同一の法人格をもち続ける。なお,株式会社の解散原因としては,定款で定めた存続期間の満了や解散事由の発生,株主総会決議,合併破産裁判所による解散判決や命令などがある(会社法471条各号)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android