コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解析変質帯 かいせきへんしつたい zone of katamorphism

1件 の用語解説(解析変質帯の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

解析変質帯

地殻の上部でおおよそ地下12kmの深さの部分.ここでは岩石は破砕され,溶液の水和作用,酸化作用,炭酸化作用が引き続いて行われる.この帯はさらに(a) 風化作用の帯と,(b) 膠結作用の帯とに分けられる[Van Hise : 1904].ヴァン・ハイスの定義は,現在一般に使われているグルーベンマンの命名法と反対である[Grubenmann : 1907].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解析変質帯の関連キーワード地殻大凡人大数立挙サルシマ合成変質帯地下源放出物深所貫入アノテライトアノテリック花崗岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone