解釈学的現象学(読み)かいしゃくがくてきげんしょうがく(英語表記)hermeneutische Phänomenologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解釈学的現象学
かいしゃくがくてきげんしょうがく
hermeneutische Phänomenologie

M.ハイデガーは『存在と時間』の序論で,哲学を事象の観点から「存在論」,方法の観点から「現象学」と規定した。彼は現象学の特性をアリストテレスの「解釈学」から規定し,さらに解釈的なもの,「解釈学的なもの」と連関づける。ここから彼の現象学は,ベッカーの数学的現象学と区別された解釈学的現象学としてきわだたせられるにいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android