解釈学的現象学(読み)かいしゃくがくてきげんしょうがく(英語表記)hermeneutische Phänomenologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解釈学的現象学
かいしゃくがくてきげんしょうがく
hermeneutische Phänomenologie

M.ハイデガーは『存在と時間』の序論で,哲学を事象の観点から「存在論」,方法の観点から「現象学」と規定した。彼は現象学の特性をアリストテレスの「解釈学」から規定し,さらに解釈的なもの,「解釈学的なもの」と連関づける。ここから彼の現象学は,ベッカーの数学的現象学と区別された解釈学的現象学としてきわだたせられるにいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android