解釈宣言(読み)かいしゃくせんげん(英語表記)interpretative declaration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採択された条約の特定の規定,文言などについて複数の解釈が可能である場合に,自国了解を示すか,もしくはいずれの解釈に拘束されるかを意思表示するために行う一方的宣言。解釈宣言は留保とは異なり,条約規定の適用を排除し,変更する効果をもたない。特に多数国間条約においてこの宣言が許容されるのは,それによって条約の当事国数を増やすためであり,国連海洋法条約など条約の一体性を確保するために留保を禁止する条約において数多くみられる。しかし他方,留保を禁止する条約における解釈宣言は,留保の肩代りとして用いられるために拡大する傾向にあり,留保と解釈宣言を区別する基準の解釈が問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解釈宣言の関連情報