言ひ分く(読み)イイワク

デジタル大辞泉の解説

いい‐わ・く〔いひ‐〕【言ひ分く】

[動カ四]
筋道を立てて言い聞かせる。事実をはっきりと述べる。
「我が領ずる庄々、はた多かれど、たれかは―・く人あらむ」〈宇津保・俊蔭〉
命令して、人手を手もとから分けて派遣する。
「尼君の、わが人にしたる二人をのみぞ、この御方に―・きたる」〈・手習〉
[動カ下二]いいわける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いいわく【言ひ分く】

( 動四 )
筋道を立てて言う。道理がよくわかるように言う。 「誰かは-・く人あらむ/宇津保 俊蔭
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android