コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言止む コトヤム

デジタル大辞泉の解説

こと‐や・む【言止む】

[動マ下二]
言うことができないようにする。黙らせる。
「語(こと)問ひし磐(いは)ね樹立(こだち)、草の片葉(かきは)をも―・めて」〈祝詞・六月晦大祓〉
言うのをやめる。黙る。
「ねぎかくる比叡の社のゆふだすき草の片葉(かきは)も―・めて聞け」〈拾遺・神楽歌〉
琴や琵琶などを弾くのをやめる。
「みな―・め給ひては、いと本意(ほい)なからむ」〈橋姫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android