コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計量トレーサビリティー けいりょうとれーさびりてぃーmetrological traceability

知恵蔵の解説

計量トレーサビリティー

計測結果が、国際または国家標準のような適切な標準に対して、切れ目のない比較校正の連鎖によって関連付けられているという性質のこと。測定標準の統一と普及については、従来、上位から下位への標準伝達の道筋の整備(いわゆる標準の供給)が図られてきていたが、トレーサビリティーの考えは、この道筋を下から上へたどって不確かさを確認することに重点を置く。ここで使用される測定標準と校正のつながりを計量トレーサビリティーの連鎖という。従来は単にこれをトレーサビリティーと呼んでいたが、食品や工業製品のトレーサビリティー(履歴管理)と区別するために計量トレーサビリティーと呼ぶこととなった(誤解の恐れがない場合には単にトレーサビリティーと略してもよい)。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

計量トレーサビリティーの関連キーワード校正事業者登録制度JCSS

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android