記念切手(読み)きねんきって

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記念切手
きねんきって

国家または国民的に重要な事柄を記念し,あわせて内外に周知させるために発行される郵便切手。世界最初の記念切手は 1887年,イギリスにおいてビクトリア女王の即位 50年を記念して発行された。日本では 94年3月9日明治天皇の大婚 25年祝典にあたって発行されたものが最初である。なお記念切手と類似した性格のものに,切手趣味週間や国際文通週間などにちなむ切手をはじめ,年賀切手,国立・国定公園切手,各種のシリーズ切手がある。これらも記念切手と呼ばれることもあるが,正しくは特殊切手と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きねんきって【記念切手】

ある事柄の記念のために特別に発行する郵便切手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の記念切手の言及

【郵便切手】より

…日本最初の切手は4種(48文,100文,200文,500文)で,和紙に銅版で印刷された竜の模様の切手だったので,俗に〈竜切手〉とよばれている。
【切手の種類】
 郵便切手は通常切手のほかに記念すべき行事または人物・史実を記念する記念切手,不足料金を徴収するための不足料切手,航空郵便用の航空切手など多くの特殊の切手がある。19世紀後半になって郵便切手を発行する国が増加し,種類も増してきて今日で何十万種という膨大な数に上るといわれている。…

※「記念切手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記念切手の関連情報