記念騎馬像(読み)きねんきばぞう(英語表記)Equestrian monuments

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記念騎馬像
きねんきばぞう
Equestrian monuments

戦勝者の肖像を騎馬姿で残した記念像。戦勝者の功績を記念する習慣は古代ローマ時代からあるが,ルネサンス期にいたり,単なる英雄崇拝ではなく,個人の才能や実力への賛美,憧憬という新たな意義を体現して復活,流行し,傭兵隊長や公国僭主らの騎馬像が盛んに制作された。この期を代表する青銅騎馬像にはドナテロの『ガッタメラータ騎馬像』,アンドレア・デル・ベロッキオの『コレオーニ騎馬像』があげられ,古代ローマの『マルクス・アウレリウス騎馬像』を加えて「三大騎馬像」とされる。またこれらの傑作に規模,力量ともにまさる『フランチェスコ・スフォルツァ騎馬像』がレオナルド・ダ・ビンチによって計画され,モデル公開までされたことが知られているが,当時のミラノの政情によって鋳造されなかった。なお絵画ではシモーネ・マルティーニ『グイドリッチオ・ダ・フォリアーノの騎馬像』,パオロ・ウッチェロ『ジョン・ホークウッド騎馬像』,アンドレア・デル・カスターニョ『ニッコロ・ダ・トレンティーノ騎馬像』が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android