見舞い(読み)みまい

日本大百科全書(ニッポニカ)「見舞い」の解説

見舞い
みまい

親類縁故・近隣知己に死亡・病気・出産・家普請(ぶしん)・屋根替え・転居、さらには火災・水害・地震などの変事が生じた際に慰問すること。問できぬ場合は「見舞状」を出すのが例であり、正月の年賀状、暑中・寒中見舞状の交換もこうした見舞いの習俗のうちに生じた社交慣行である。出産見舞い、病気見舞い、火事見舞いなど、その契機は生活変動の万般に及ぶが、一定の互助的交際規制がそこにはあって、いわゆる「義理づきあい」として欠くことができないものとされてきた。とくに親類・師弟・隣人など古い伝統を負う人間関係の持続は、こうした「義理」を果たす見舞い慣習で保持されてきた。とりわけ親族縁辺の結合はほとんどこうした「義理」としての見舞い慣行に依存してきたといってもよい。「見舞い」には一定の「挨拶(あいさつ)文言」のほか、伝統的に決まった物品の贈答が付随していた。とくに火事や転居には家具類、出産や病気には食品・衣類などと、地方ごとに古くは一定の規制があったが、しだいに金銭本位に変わり、交際の程度に応じてその金額に差等を設ける規制も生じた。「見舞い」とそれに伴う「贈答」慣行は、いわば私的な社会保障制であり、久しく日本人の社交生活はこうした「義理」を果たす「見舞い」の慣行によって規制される面が多かったのである。しかもその傾向は、今日の企業社会にもなお形を変えつつも引き継がれている。

[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「見舞い」の解説

見舞い
みまい

通常,人が不安の状況にあるときに訪れて力づけること。また無事かどうかを手紙でたずねたり慰めたりすることも含む。病気見舞い,通夜のさぶし見舞い,出産のおりの産見舞い,家屋新築のときの普請見舞い,旅行のときの留守見舞い,そのほかに火事見舞いや水見舞いなどがある。見舞いの品の中心は食品であり,これを贈るとともに共食することによって力をつけようとするものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android